引越し一括見積もり 生の体験談

僕の、引越し体験談を、包み隠さずにそのまま暴露します。

人それぞれ、荷物の量や引越し先までの距離など、条件は違いますが、 参考になる部分はたくさんあると思います。

引越しの理由

パソコンを使って自宅でも仕事がしたいので、 自宅の中の一部屋を、仕事部屋として使っていました。

でも、子供が1歳を超え、うるさくて、仕事ができる環境ではなくなってきました。

そこで、1DKのマンションを一部屋借りて、仕事部屋に使うことに。

デスク・パソコン・本棚・エアロバイク・その他、本など段ボールに5箱くらい。

という、普通の単身引越しよりも、量はだいぶ少ないです。 冷蔵庫や洗濯機などがないですからね。

一括見積もりしてみました。

引越しの一括見積もり、というものを生まれて初めて使ってみました。

まず、大手引越し社4社から電話がかかってきました。 「@@@引越しセンター」など、どこも聞いたことがある名前です。

そのうち3社に、家に訪問しての無料見積もりをお願いしました。

単身で、しかも荷物の量が少ないにもかかわらず、 実際に来て見積りしてもらえるのは嬉しいことです。

残りの1社は、電話対応があまりにもひどかったので、お断りをしました。

一度電話に出れなくて留守電が入っていまして、 こちらからかけ直した際に、まず電話番号・名前を聞かれました。

しばらくして、メモっていなかったのかどうかは知りませんが、 もう一度、同じことを聞かれました。

そして、担当の部署?に飛ばされて、またそこでも同じことを聞かれたので、 さすがにお断りしました。

今6月ですよ?引っ越し業者は忙しいことはないはずです。 それなのに、1人のお客さんへの電話対応がずさんってことは、 そこで引越しを頼んでも、いい仕事はしてくれないと感じたからです。

で、3社に、同じ日の午前中に1時間おきに、見積り予約を入れました。 3社まとめて同じ時間でも良かったのですが、僕の場合は、少しずらしました。

1社目

引越し業者さん まずは荷物の量を確認。そして、引っ越す先が、車で5分という近さもあり、 見積りは3万ちょいくらいまでは、頑張らせてもらいます。とのこと。

そこで、これから他の業者2社にも、見積り依頼をしていることを伝え、 一番安いところを選びたい、ということを伝えたら、

21000円でいけるとのこと。1000円は消費税扱いです。 で、20000円ちょうどにして!とお願いしたらOKとのこと。

で、その業者に僕は即決しました。 (今回の僕の場合、低価格の引越しなので即決しちゃいましたが、 引越す時期・荷物の量・移動距離によっては、もっと高額になりますので、 値引きしてもらえても、「他の業者と比較したい」と保留の意思を突き通すべきです。)

そして他の2社には断りの電話を入れました。

1社目は、けっこうすんなり、「そうですか」的な感じで終わりましたが、 2社目は、かなり電話先でしつこかったです。

いろいろな方向から、なんとか見積りだけでも行かせてください的な感じできたので、 最後はけっこう強引に電話をきっちゃいました。

引越し業者さん で、その後、契約書みたいなものを書いてもらって、サインしました。

「この光景をネットで使いたいので、写真とらせてもらっていいですか?」

と聞いたら、

「どこの会社か分からないように、ロゴとか映んないようにしてもらえたらオッケーっすよ〜」

と、気前よくとらせてくれました。

その写真が←の写真です。




はい、お疲れ様。で帰ってもらっても良かったんですが、

その営業マンは、すごいいい感じで、話やすくて気があったので、 引越しの見積りの相場料金などを、根ほり葉ほり聞いてみました。

まず、僕が2万円まで安くできた理由は

・荷物が少ない
・引越し先までの距離が車で5分と非常に近い
・7月の月初め
・大安にはこだわらない

ざっと挙げるとこんな感じだったそうです。

この中でも、僕が知らなかったのが、 月の初めと終わりでは、価格が2倍くらいは違ってきちゃうそうなんです。

ちょっと考えれば分かることですよね。 月の終わりまで住んで、終わりの方に引っ越す人が多いからです。

で、3月の忙しい時期は、普段の2倍以上の料金がかかるようです。

僕の場合だと、
7月初め  2万
7月終わり 4万
3月    8万

という感じだそうです。

あくまで単身で荷物の少ない僕の場合なので、 一般の家庭で荷物が多い場合などは、もちろんこれより高くなります。

ただ、引っ越し時期によってこのように、倍々の料金になっている ということは、目安として覚えておいて損はないですね。

まとめ

一括見積もりをする場合、複数社から連絡がまずきます。

どこもたいてい、「それでは訪問して、荷物を実際に見て、見積りをとらせてもらいます。」と言ってきます。

ファーストコンタクトはこの程度のやり取りですが、業者によって、電話対応にもだいぶ差があります。

そんなに多くの引越し業者に見積りをとってもらってもあまり意味はないので、 最初の電話の時点で、2社、もしくは3社にしぼってしまってもよいかと思います。

そして、その中から、条件を良く提示してくれた会社。 もしくは、対応・サービスなどを見て、選ぶわけです。

ポイントは、価格など競わせて、ココ!と決めたら、 他の会社は、しっかりと断ることです。

向こうもプロですから、うまいこと言ってきますが、 NO!とはっきり言っちゃいましょう。

向こうも、このお客は一括で見積もりを行ってるっていうのは、 話を少しすればもう分かっています。

断られることも日常茶飯事のような感じですので、 しっかりと断らないとだめです。

はっきり断ることが苦手な方って、けっこういらっしゃるとは思いますが、 はっきり言わないと、複数社を相手にするわけですから、 いつまでたっても対応が終わりませんので。

一括見積もりは、とても便利な方法ですが、 この1点だけは、注意しておいてくださいね。

まあ正直な話、こっちは客なわけですから、言葉は悪いですが、 「ゲーム感覚で、料金を競わせてやる!」 くらいの気軽な気持ちでOKだと、個人的には思ってます。

それでは、少しでも安く引っ越しできるよう、頑張ってください!

▼僕が今回利用した一括見積もりサイトが「HOME'S」です。
▼一部上場企業の運営サイトなので、安心してご利用いただけます。

引越し料金を比較してみる!

- ??郵便番号を調べる

↓

■1:料金を比較して、賢く選ぶ

■2:細やかなサービスを受ける

ページのトップへ▲

気になる人にアプローチ